不動産担保ローンも完済すればただのローンでした

不動産担保ローンも完済すれば通常のローン

不動産担保ローンを去年に完済しましたが、当然のことながら完済すればただのローンで、担保にした不動産も元通りですから、これは極めて良い選択をしたという事を感じています。
完済することが出来るという確信が得られるまでは、確かに多少の不安があったという事は否めないところがありますが、ちゃんと返済計画を作り、事業計画も作成して、収益が十分に出る気ことは確認してあったので、後はそれを実行していくだけという事で、特にこのローンについては大きな不安は感じてはいませんでした。
ただ事業が予定通りにいかない事はあり得る事ですから、これが軌道に乗るまでは不安が無かったというわけではありません。
そういう意味ではローンを返済し始めた時が一番キツイというように感じた時という事になりそうです。
もう完済するような時には後数回で完済ということで、何か楽しくなるというか、肩の荷が下りるというような感じを受けていたという事も覚えています。
不動産担保ローンを利用するかどうかについては、金融機関ともいろいろと相談はしましたし、自分の中でもいろいろと考える所はありました。
無担保ローンにして担保などとられるような事は無い方が良いのではないかという考えもない事ではありませんでしたが、その為に金利が高くなるというのでは目的とは真逆のことになるので、まず無担保ローンの高い金利での利用は無いという事になったのです事業の資金を獲得しているわけですから、金利負担がサービス価格の上昇につながれば、それでお客さんが離れていくという事は十分に考えられる事でしたから、まず金利負担が最小になるという事を考えなければなりません。

不動産担保ローンも完済すれば通常のローン | 不動産担保ローンは金利が低く利用価値が高い | 事業をする上で金利負担は厳しい